消費者金融の融資で子どもの進学を助けてもらった思い出

消費者金融を利用してよかったと思っていらっしゃる方は、どれくらいおられるのでしょうか。
多くの方にとって、消費者金融とはやむなくお金を借りたところであり、金利が高かったりした、どちらかといえばマイナスの思い出があるのではないでしょうか。
しかし、消費者金融のテレビコマーシャルにある通り、ご利用は計画的に行えば、とても便利で助かるものです。
わたしは数年前、どうしても当座の現金が足りなくて、消費者金融から融資を受けました。
会社が倒産して失業してしまったのですが、ちょうど子どもの進学と重なって入学金を払わねばならなかったのです。
その際に、2ヶ月以内に返済すれば利息は掛からないと聞き、預金と借り入れで入学金を支払い、失業手当の給付と同時に借入金を返済しました。
運良く、次の就職先もみつかり、借り入れたお金は2ヶ月以内に完済しました。
もちろん利息は一円も発生していません。
無利息で現金を借りて急場を乗り切ることができたなんて夢のようでした。
あの時、消費者金融からお金を借りることができなかったら、子どもは進学をあきらめなければならなかったことでしょう。

get( 'keyword', 9 ) ?>
get( 'comment', 9 ) ?>